保育

for children,for teachers

小学校低学年からの英語教育が必須化され、グローバル化社会に対応する人材育成のために、もはや英語は避けては通れないコミュニケーションツールとなりました。これからの時代を生きる子ども達にとって、言葉を使ったコミュニケーションの幅は更に広がりをみせることになります。特に0〜3歳児は、周りから入ってくる音をどんどん吸収して情報収集しています。日本語を覚えるプロセス同様、多くの英語の音に触れさせることで英語がより自然なものとしてインプットされるようになります。当社では英語を『ことば』という大きなコミュニケーションとして捉えており、言語として「話すこと」のみに固執することはありません。幼児期に多くの英語の音に触れ、ネイティブ講師と生活することで、英語に抵抗が無くなり、自然に実社会での多様性を受け入れることのできる「心」を育むことを目的としています。 たくさんの人とコミュニケーションをとりながら、豊かな人生を送ることができる、そんな未来と社会を実現する一助になりたいと考えています。

その為には、優秀な英語保育スタッフの育成が重要であり、保育という枠を超えて未来を育てる人材の育成も我々の使命と考えています。当社では、従業員に対するバックアップ体制の確立と充実、「働きやすさ革命」を常に追い求めて日々の業務にあたっています。